育児ストレス

もーやだ。
疲れた疲れた疲れた

毎回同じ事でストレス溜まって2ヶ月に1回くらい爆発する。

打開策が分かんない。

まず、産後から今まで一度もまともな睡眠はとれていない。
『慢性睡眠不足』
娘が夜中ずーっとおっぱい飲んでる。

寝返りする度、眠りが浅くなる度、
口元におっぱいが無いと泣く→
泣いて起こされ添い乳でおっぱいあげながらそのまま寝る夜中中この繰り返し。

昨日なんかグズりまくってまともに寝れたの2時間だけ!

次は、 授乳があって娘から離れられないからずーっと一緒。
気分転換もリフレッシュも出来ない。

次に、
ただ授乳って言っても
私の場合5時間までしかあけられなくて
5時間ぐらい経つと溜まってきて乳腺炎の心配が出てくる。

冬に経験したあの過酷な乳腺炎生活があるから
私にとって授乳は簡単なものじゃ無い!

次に、
月に2回ぐらい母が娘の相手しに来てくれるんだけど
その日は貯まってるやらなきゃいけないことをこなす日。

手放しでリフレッシュ出来ればいいんだけど
完璧なまでに家中掃除して、
お弁当の作り置きやったり、
娘の離乳食まとめて作って置いたり、
せっかくだからその日のご飯1品増やしてみたり。。
ほぼずーっとキッチンに居ます。

リフレッシュどころか余計疲れちゃう。
でもやらなきゃ困るからやんなきゃいけない。

次に、
息抜き、リフレッシュしたくても
趣味も無ければ友達もいない。
地元から離れて知らない土地に居るから
知ってる人は誰もいない。
話をする人も居ない。
たまに近所のコンビニのおばちゃんが
娘に話しかけてくれるぐらい(笑)

だから行くところも無いから
ほとんど1日中家で宇宙人(娘)と2人きり。
自分の時間が無いしストレス溜まる。

唯一の息抜きは娘の40分のお昼寝タイムに娘と離れてベットで大の字になって深呼吸することかな。

このストレス達の無限ループで最悪

打開策は見当たらない

足立区交通事故むちうち治療

夫婦喧嘩の仲直り方法

どんなに仲の良い夫婦でも、喧嘩をすることって、ありますよね。
我が家も、夫婦仲は良い方だと思いますが、やっぱり時々は喧嘩をします。
もちろん、怒鳴りあいの罵りあい、なんてことではありません。
ちょっとムッとしたりするくらいの喧嘩です。
大きな理由はなく、ただ機嫌が悪いだけだったり
冗談のつもりが通じなかったり、
そんな場合がほとんどなのですが
どちらかに明らかな非がないと、実は仲直りも難しかったりします。
どちらにも非がなければ、どちらも謝りにくいからです。
大した理由はないので、二人で改まって話をする、という感じにもなりません。
そうなると、ズルズルしちゃうんですよね。
なんとなーく気まずい時間だけが過ぎていきます。
ご飯も別々に食べたり、寝る時間もずらしてみたり。
出来るだけすれ違うように生活をしてしまうので
仲直りするきっかけなど、見つかるはずもありません。
それでは、どのようにして仲直りをすれば良いのでしょうか?
一生喧嘩を続けるのでしょうか?
私の仲直り方法は、こんな感じです。
ちょっとしたことで喧嘩をしたら、
もし今日、私か、もしくは夫が
不慮の事故や事件に巻き込まれて死んでしまったら?
自分は、どのくらい後悔するだろうか?
そんな風に想像してみるのです。
こんなくだらないことで喧嘩して、
口もきかないまま仕事に行って
そのまま、二度と仲直りできなくなったら
どんなに悔やまれるだろうか?
そんな風に考えると、とても悲しくなります。
もちろん、それが現実になる可能性は低いでしょう。
ですが、可能性はゼロではないのです。
どんなに健康な人でも、可能性はゼロではありません。
そんな悲しい別れを迎えないためにも、小さな喧嘩の芽は
小さなうちに摘んでしまうように、私は心がけています。
喧嘩をしないで、いつも仲良くしていられるのが
一番理想的なのですけどね。

北青山交通事故むちうち治療

ストレス発散は海外旅行

なかなか仕事で連休がとれず、長期休暇となれば専ら海外旅行をするのが私流の過ごし方。長期休暇の1~2ヶ月前は行き先を決めるため旅番組や雑誌をみて検討しますが、この時間も私にとってはとても幸せなひとときなんです。

 
そんな私が今までに長期休暇で行ってきたのは、カナダ、香港・マカオ、韓国2回。今年の夏休みは、バリ島かハワイで迷いました。バリ島でゆっくり過ごすのもよし。ハワイで買い物をするのもいいな。結局いろいろ悩みに悩んでハワイに行ってきました。ハワイは人生で2回目。今回のハワイはオアフ島だけでなくハワイ島まで足を運べば、ゆっくりもできるし、買い物もできる!そう思いついてハワイにしました。

 
このハワイ島がものすごく田舎の雰囲気で本当に時間がゆっくりと流れるている感じ。青い海を眺めながら飲むお酒や料理は、やはり絶品でした。もちろん、ハワイ島と言ったらのキラウエア火山やマウナケアと有名どころはしっかりチェックしてきましたよ。こんな風に壮大な自然に触れると日常のイライラや疲れなど、とてもちっぽけなものに思えたりもしちゃいますね。自然の力は本当に無限大だなと感じました。

 
オアフ島は思う存分に買い物を楽しみました。毎日、少しずつ貯めた軍資金を片手に免税店にアラモアナセンター、ロイヤルハワイアンセンターと行ったり来たりして夜まで物欲を満たしました。

 
そして、忘れちゃいけないのがハワイと言ったらのグルメです。大きなハンバーガーやステーキ、日本でも大人気のパンケーキやアサイーボウルとどれも本場で食べるご飯は美味しさが2倍、3倍となっている気がしました。

 
今年の夏休みも大いに満喫し、日々のストレスともお別れできました。冬休みは目指せニューヨークということで仕事に貯金と頑張ります。

自動車保険見積もりプレゼント

 

富良野と美瑛のデート

10月1日にお互い休みを取り北海道の富良野と美瑛にドライブデートをしてきました。

朝は6時に起きて、なんか張り切ってしまった年甲斐もなく。

8時に迎えにきてもらい、富良野までは片道2時間の旅。

田舎道なので信号もなく、景色も見つつ楽しい時間です。

富良野についてからはまず美瑛までいき、青の池とゆう有名な池へ。

かなり奥にあり、どんな所なのかわくわく。

観光客の人もたくさん!

別世界にきたような、そんな幻想的な場所でとても癒されました。

そこから美瑛のトリックアート美術館へ。

ここは普通の絵だが近寄ると見方によっては不思議に見えたりするものがたくさんある美術館。

入館料は1300円とだいぶお高めですが、とても楽しめます。

外には売店とか観覧車もあり、綺麗な景色も見れお子様もきっと楽しめる所でオススメです。

そろそろお昼ご飯、だいぶお腹がすいてきた。

富良野へ戻り、富良野といえばオムカレー(オムライスにカレーライスがかかっている)

初めて食べたけどこれがまたおいしい!

鉄板にのってきてあつあつで、富良野の卵や牛乳を使っている。

卵もふわふわでした。

そこから甘いものを食べにさらに移動をし、フロマージュ等を食べました。

日帰りでもこんなに楽しめる富良野美瑛にぜひまた行きたいと思った。

自動車保険安い

年末年始に行きたい旅行

年末年始はリゾートでゆっくりやヨーロッパで優雅にというのもいいですがおすすめはアジアです。

理由は、日本から近く比較的お手頃価格で海外を満喫できるからです。
ここでは、厳選3カ国をご紹介します。

まず、1カ国目はシンガポールです。日本からの、飛行時間は約7時間30分です。東南アジアに位置しマレー半島の先端にあるのがシンガポールです。国土は狭いですが、経済都市であり、日本の人気の観光地の1つです。

オススメはマリーナマンダリンオリエンタルホテルに宿泊して、カウントダウンイベントを見ることです。ここは、五つ星の高級ホテルとして有名ですが、早く予約すると室内からカウントダウンの花火を見ることができます。

マリーナベイサンズという高級ホテルから上る巨大花火は、約10分ほど行われ、水面と花火との融合がとても美しいです。歩いて見に行こうとすると、規制されていることが多いので早めにホテルを確保することがお勧めです。

続いて、2カ国目は台湾です。日本からの飛行時間は約3時間30分と、行きやすいことが魅力です。また、時差も1時間ほどですので着いてすぐに観光出来るのも嬉しいですね。

台湾では、有名な台北101のカウントダウンイベントがお勧めです。台北一高いビルから吹き出すように出てくる花火は圧巻そのものです。

比較的どこからでもよく見えるのも魅力です。せっかくなので人混みの中、賑やかに外で見るのも良いですね。しかし、周りが交通規制されていて帰りが大変混雑しますので、交通の便を確認して行った方がお勧めです。

またこの花火は莫大な費用がかかるため、毎年必ず見ることができるのではなく、スポンサーがなくなれば中止することがあるので見れる年に見に行くことがお勧めです。

自動車保険見積もりキャンペーン

まこの育児日記

今日は、やっと台風も通過したし天気もいいので洗濯しながらグダグダ中。
マコちゃんは大好きなアンパンマンに夢中(笑
昨日も見てたのに良く飽きずに見とれるもんだ・・
午後からは明日のお出かけの準備!
そう明日はマコちゃんのお誕生日会があるのです!東京のじいじ、ばあばもお祝いに駆けつけてくれるのでウキウキ!なのはマコだけで私は憂鬱・・世の中の嫁はこんなにも苦労しているのか・・それとも家だけなのか(笑
まあでも、お祝いしてもらえるんだから、幸せなことだと思う。明日はマコの嫌いなピーマンで何か料理を作ろうと思う。1つ大きくなったからには、嫌いなピーマンくらい食べてもらいたい。
ママの勝手な願望なんだけどね。私も小さい頃嫌いなものかなりあったけどいつの間にか食べれるようになったなあ・・
むしろ嫌いだったものが好きで、大好きだったものが嫌いになってる気がする!?
マコもそんな風にどんどん成長していくんだろうな。
生んでからもう1年もたったなんて、ついこの間生んだ気がするんだけどな。おかげさまで全く病気もないし、むしろかなり丈夫!!色んな人に助けられてココまでこれたと、ちょっと感激。
おっと、今マコちゃんはお土産に貰ったバームクーヘンの筒を盛大に振り回している(笑
なぜ今頃そんなものに興味が出てきたのだ娘よ!?なんだかんだやってるうちにもうこんな時間じゃないか!今から買い物行って、料理の下ごしらえやって、てか、今日のご飯を考えてなかった!なんか適当に買ってこよう。
100均にも行って部屋の飾りも見てこなきゃ。やることいっぱい・・終わるかな。
本番は明日なんだし、また誕生日会の事も書こうと思うので良かったら見てね!

青汁の副作用

流しそうめん

今年のお盆は姉妹全員が実家に集まることが出来た。みんな子供がいるので、子供が夏休みみたいな長期休暇でないとなかなか帰省が難しい。今年のお盆は天気もはっきりしない。しかし元気が良すぎる子供たちを家の中に閉じ込めておくのはかわいそうで、天気が良い日を選んで、みんなで流しそうめんをした。

 

父は何事にも凝り症で、今回の流しそうめんの筒ももちろん手作り。 まず、子供たちを連れて家近くの竹やぶへ竹取り。3メートル近い竹を切ってきた。想像していたより大きな竹を切ってきて、私たち姉妹と母はビックリ。切ってくるだけでは流しそうめんが出来るはずもなく、竹を半分に切り、竹の間の節を切り抜き、やすりで削り、竹の間の節を切り抜くことが一番大変なようだった。汁入れも竹で作った。

 

私と姉はそうめんが食べられる準備をした。姉妹とその旦那、子供、父母をなると総勢11人。そうめんを茹でるだけでも大変。そうめん他、トッピングは薬味ねぎとわさびと、からしとごまにした。わさびは削った。いよいよ流しそうめんが開始。子供たちはそうめんの取り合い。水の流れが速く、そうめんがなかなかつかめない。プラスチックの箸でそうめんをつかもうとしたらなかなかつかめないので、割り箸を使った。

 

プラスチックの箸よりそうめんがつかめる。大勢でわいわい楽しい。そうめんの他にミニトマトや巨峰の粒、ミニカップゼリーも流した。ゼリーが流れてきたときには子供たち大興奮。取り合い、喧嘩まで始まった。大人は笑う。普段より多くそうめんを用意したが、アッという間に食べ終わった。大人数でわいわいと、外で食べるそうめんはまた美味しかった。流しそうめんが終わった後もおしゃべりをして、終わる頃には夕方になっていた。流しそうめん、次回は私も竹取りをしたい。